東京、リコネクション、リコネクティブ・ヒーリング
専門サロン 悠流理の渡邊由布子です。

昨日、緩和ケアの患者さんに
リコネクティブ・ヒーリング
させていただきました。

ヒーリングに際して、
病名や病状は伺いません。

お部屋に入ると、ベッドの柵にへばりつくように
横向きの姿勢で寝ていらっしゃいました。
顔は下向きで、表情はちょっと拝見できませんでした。
でも、お辛そうな声で、

朝からずっと氣持ちが悪くて、
身体を動かすことができません。
わたしは何もすることができませんが、
このままでも大丈夫ですか?

「はい、ご自身が楽な体勢で、
いらしてください」

そう、お伝えして、ヒーリングを行いました。
病状のせいなのか?
服用している薬のせいなのか?
なにもわかりません。

10分ほどした頃、
少し振り向かれて、

なんか少し楽になってきました

と、教えてくださいました。

「それは、よかったです(≧∇≦)」

その後もヒーリングを続け、
終わった時には、

ずいぶん、楽になりました。
ありがとうございました」と。。。

その人にとって
必要な光と情報は、ちゃんと届けられる。

宇宙に感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です