緩和ケアとリコネクティブ・ヒーリング 161001

一息に寒さが増し、
秋が深まったようですね。

リコネクション、リコネクティブ・ヒーリング
専門サロン悠流理の渡邉由布子です。

「ご自身が一番楽な体勢でお過ごしください」

今日、緩和ケアの患者さんに
リコネクティブ・ヒーリングをする時に、
伺いました。

「背中が痛くて、痛くて、

先生に痛み止めのお薬をいただいてるんですが、

痛みが続いて、ベッドの上でしか動けませんが、

ジッとしていられなくて

あっちを向いたり、こっちを向いたり、

寝る時もそんな感じなんですが、

どうすればいいですか?」

ベッドの背を少し起こした状態で、

たくさんのクッションに背中を預けていらっしゃいました。

「では、この体勢で始めますので、

途中で、ベッドを倒したくなったら、仰ってください」

そして、ヒーリングをさせていただいた。

手や足がピクピクとして、レジスタ反応が見られました。

途中からは寝息が聞こえていたように思います。

ヒーリングを終えて、お声がけすると、

氣持ちよかったです。

痛みも感じなくて、楽になりました。

ありがとうございます

リコネクション1-14

 

薬など医療による治療だけでは
癒せないものがある。。。
愛と光、宇宙に感謝☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください