右乳房線維腫瘍(胸のしこり)の切除手術を受けました

 

こんにちは~。。。

今日はちょっとした体験記です。

 

 

バランスを整えるリコネクティブ・ヒーリングは

東京・品川の悠流理へどうぞ!

渡邊由布子です。

 

 

 

ちょっとタイトルに

ドキッとされたかもしれませんが、

良性の小さなしこりをとっただけで、

乳がんなどではないので、ご心配なく。。。( *´艸`)( *´艸`)

 

 

とはいうものの女性のみなさまには、

とても気になるテーマだと思ったので、

経過や手術の時のことを

まとめました。

●経過

2016年9月ごろ

寝ぼけたまま右の脇の下、胸の横のほうを掻いていたら、

なんかちっちゃなポチッとしたものを発見!

むむ?? と思ったものの、気にせず、過ごす。。。

2016年10月ごろ

なんとなく脇が気になり、ポチを探してみるが見当たらない。

2017年1月ごろ

脇を触るとポチが見つかる。。。なんかおっきくなってる?

ちっちゃいし大丈夫だ~と思うが、なんか気になる。。。

2017年4月

ちょうど婦人科、子宮筋腫の定期健診があり、

その際に先生に相談。。。触診していただいて、

たぶん良性のモノだろうから心配しなくてもいいよ!

でも、早いうちに検査をうけるように!と言われる。

総合病院で運よくその日のうちに、

乳腺科の検査と診察を受ける。

マンモグラフィーと超音波検査を受けて、

7mm大のしこりが見つかる。

細胞診もしていただいて、良性とのこと。

 

2017年6月

良性の乳房線維腫瘍を切除

 

●手術の流れ

・朝9:00前に病院へ

当日は、甘酒を飲む程度でいきました。少量なら食べてもいいとのことです。

血圧測定など簡単な体調確認のあと、手術室へ(自分で歩いていきます)

手術室手間でパンツだけになり手術着を着用。。。

・9:10 頃手術室へ

手術台に乗せられ、切除部だけが見えるようにした

布とかかぶせられ、心電図のパッドなども付けられる。

・9:20頃 手術開始

局部麻酔をされて手術が開始。先生たちの声は丸聞こえの状態です。

麻酔で何をされているのかはわかりませんが、ピーとかいう

電子メス?か何かの音が聞こえていました。

15mmほど切開してしこりを切除。

途中、深くなってきたあたりで、痛みではないけれど何かを感じたので

伝えると、麻酔を追加してくれました。

切除後、そのしこり(袋にいれたれた)を見せられ、ちょっと触りました)

・10:30ごろ 手術台から起きて、最初に着替えたところへ移動。

自力です。

着替えた後は、お迎えの看護士さんの車いすで

診察室へ移動。手術室と診察室の棟と階が違っていたので、

念のためだと思います。

10:50 先生に化膿止め薬を処方してもらい、

術後の入浴のタイミングや傷のケア法などの説明を受ける

11:15 病院をでる。。。

11:30 お腹がとっても減っていたので、栄養補給に

豪華ランチをいただきました( *´艸`)( *´艸`)

 

ちょっと買い物をして、家に帰る着いた頃、

局部麻酔の薬が食事によって全身に回ったのか

眠気に襲われ、昼寝。。。

起きた後は特別強い痛みもなく、普通に過ごす。。。

(まったく痛みがないということではありません)

 

経過などは、こんな感じです。

思いのほか、あっけなく終わりました。。

手術室だったためいろんな機器には

ちょっとびっくりしましたが。。。

手術当日も下半身はシャワーは使えますし、

翌日は全身シャワーOK

2日後に傷口が化膿したり腫れたりしていないかを

診てもらい、問題なしだったので、入浴もOKとのことでした。

 

 

 

タレントさんの乳がん報道が多いために、

しこりが見つかっただけで

ビックリする方も多いかもしれません。

いろいろ学んだり気が付いたポイントをまとめておきます。

 

ポイント

➀乳腺線維腫瘍は、乳腺が多い方(おっぱいが張りやすい方)など、

若いころにはできやすく、成長期のなかでなくなったりするモノとのこと。

成人してからは、いつの間にか大きくなってたり

温存している間に悪性化する場合もあるとのこと。

つまりは、定期的な診察により経過観察が大切。

小林麻央さんは、この経過観察を怠ったのが

悔やまれるという話を聞きました。

マンモグラフィーに映らない場所もある。

しこりに気づいたとき、ここ何年もマンモとかうけてなかったなあ…と

ちょっと思ったのですが、今回マンモグラフィーをとっても、

みっしりとした乳腺だけでしこりは映っておらず、

超音波で確認してもらいました。

マンモに映っていた場合、悪性などの場合は黒く映るそうです。

セルフチェックも大切!

 

 

わたしの場合、まあ、大丈夫だとは思ったのですが、

これから定期的な通院や今後ことあるごとに

細胞診などを受けないといけないことが

面倒に思えたのです。

以前ある友人が乳房繊維腫瘍の検査のたびに

一喜一憂していたのを思い出しました。

 

それに、良性であっても短期間に大きくなってるようでしたら、

すぐに、取りましょう!と言われたので、

大きくなって切除したら、その分傷も大きくなって、

凹みなどもできるんじゃない?

というのも気になりました。

手術自体は簡単で、切除後間違いなく良性だとわかれば

それでおしまい。特段定期検診もしなくていいとのことなので、

皮膚の粉瘤とかをとるぐらいかな? というイメージで、

採っちゃうことにした次第です。

 

 

 

選択は人それぞれ。。。

これぐらいの大きさなら、

温存されている方も多いでしょう。

なにかの時のご参考までに。

 

 

自分のカラダのことだから、

カラダと向き合って、

愛おしむことが何よりです。